海外へ予備スマホを持っていくことのメリットと設定の話

シムフリーの中古スマホがかなり多く流通されるようになりました。

シムフリーの予備端末を持って海外へ行くとどんなメリットが有る?

結構メリット絶大なので、紹介します。

海外予備スマホのメリット1 ショートメール

普段使っているメインのスマホには、渡航先で購入するSIMカードに入れ替えます。そうすることで、普段使っているLINEアカウントが日本にいる時と同じように使えるので、それだけでかなり便利です。しかも安い通信通話料金。

そして予備として持っていたスマホに、メインスマホから取り外したつ団使っている番号のSIMカードを入れておきます。日本で使っているスマホの番号に紐ついたショートメールは、SIMカードを入れ替えれば当然使えなくなります。

でも、予備スマホがあれば、そこでショートメールを受信ができます。そしてそれは予備スマホなくしてはできない方法です。日本ではあまり流通していないデュアルSIMの端末がメインスマホであれば、予備スマホの出番はないかもしれませんが、そうした人は稀だとおもうので、中古のシムフリー予備スマホがあることのメリットが生きてきます。

海外予備スマホのメリット2 通話着信

予備スマホがあれば、現地の安いSIMを使いつつ、普段日本で使っている番号の通話着信もとれます。

でもそのまま着信を受けて出てしまうと、電話を掛けてきた人は知らずに海外通話になってしまうので負担が大きくなります。

そこで、2コール程度で050アプリの番号へ転送をかけておきます。

そうすることで、ショートメールは予備スマホでゆっくり返信し、SIMカードを入れ替えたメインスマホでは050アプリで転送着信の電話にでることもできます。

様子を知らなければ、掛けてきた相手は海外で転送されたことにも気づかずにいるでしょう。

海外予備スマホのメリット3 バッテリー切れ

海外で朝から外に遊びに行って、スマホで写真をとりまくる。海外旅行へ行くと思った以上にバッテリーの消耗があったりします。

そんなときに予備スマホがあれば、いざというとき代替え機として活躍してくれます。

メインのスマホのバッテリーが切れた場合はSIMの入れ替えをする必要が出てきますが、2台分のバッテリーがあるのはとても心強いです。

まとめと感想

今回は予備スマホが海外で活躍するシーンを想像、実際に体験してきた話ですが、スマホを余分に一台持つのは、バッテリーの予備をもつのと重さ的に大きく違わず、しかもいざとなればどちらも通話ができる端末になる。

そのことのメリットは特に渡航先海外では実質的なメリットに加えて気持ち的にもメリットが大きいので、ぜひおすすめです。最近では国内端末がシムフリー化してきている昨今。入手も楽で、安くいろいろな種類の端末から選べるので、試してみたかった端末を呼びとして購入してしまうのもいいかもしれませんね。

最新情報をチェックしよう!

SIMフリーの最新記事8件

>通信.pw ~格安スマホへ家族で引っ越しました~

通信.pw ~格安スマホへ家族で引っ越しました~

格安スマホという名称から、あまりいいイメージじゃないという人も多いようですが、iijmioでの格安SIMモバイル通信生活がすでに3年以上経過しました。

いい部分、悪い部分、赤裸々に格安スマホ生活を綴ってまいりますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。